眠れない悩みを改善するための寝具選びや睡眠環境の作り方

 

なかなか眠れない場合、寝具や睡眠環境が影響していることもあるようです。そのような場合にはどのようなものがあるのでしょうか。まず、寝具ですが、寝つきやすいものとして低反発などの身体が沈み込むものが良いと言われていますが、沈むものは寝返りが打てないため、身体が弱い人などは腰などが痛みやすくて寝づらくなるので注意が必要です。睡眠環境としては、まずは入眠しやすいように寝具を温めておくことが大事のようです。温めるときに電気毛布などを使うのは良いのですが、睡眠中に電気毛布を使うと電磁波によりメラトニンの分泌の影響をおよぼすこともあるようなので、使わないほうが良いとも言われています。眠るために影響を及ぼすメラトニンは、500ルクス以下の明るさで分泌が始まると言われており、テレビやパソコン、スマホの明るさは500ルクスを超えてしまっているため、睡眠前にはできるかぎり使わないようにして、メラトニンの分泌を促すようにしましょう。また、音に敏感な人の場合には、防音カーテンやシートなどを使って外の音を遮るのも重要のようです。

 

疲れサプリ